▲著作権について  ▲お魚リストTOP  ▲サイトTOP
神奈川県立生命の星・地球博物館  標本提供依頼  
無償協力


■魚の同定でお世話になっている神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能先生が、 以下の魚の標本を募集しています。博物館への無償協力となりますので、送料も各自持ちとなりますが 今後の魚類学のために、釣れたら是非送ってあげて下さい。
■送付先
250-0031
神奈川県小田原市入生田 499
神奈川県立生命の星・地球博物館
瀬能 宏先生宛
代表電話番号0465-21-1515
■送付方法
●まず博物館にご連絡下さい。
●釣れてからすぐに発送が可能な場合は(例えば釣れた直後に連絡がとれるような場合) チルドでお送るのがベスト。
●すぐに発送が不可能な場合は、濡れた状態もしくは海水ごとジプロックに入れて冷凍 してからクール宅急便で送付。

*アゴアマダイ類が入手できた際にはなるべくチルドで送るようにしてください。 鱗が落ちやすい魚なので、冷凍するとぼろぼろになってしまうのと、色落ちも激しいからです。

イズハナダイ
スズキ目ハタ科イズハナダイ属
・100-200m前後の水深で出合うことが多いようです。
・どうも1種ではなく、新種が混ざっている可能性があるので標本提供していただきたい。


写真提供:まるかつ様 まるかつ釣り日誌
ハナイシモチ
スズキ目テンジクダイ科テンジクダイ属
・体長10cmぐらいのネンブツダイの仲間です。
・この写真は類似種のアカネテンジクダイ。
アゴアマダイ
スズキ目アゴアマダイ科アゴアマダイ属
・体長10-15cmぐらいのちっこい魚。
・この個体は城ヶ島沖90mぐらい、甘鯛釣りの外道で採取。
ニラミアマダイ
スズキ目アゴアマダイ科アゴアマダイ属
・体長10-15cmぐらいのちっこい魚。
・この個体は中ノ瀬20mぐらい、キス釣りの外道で採取。福浦沖でも採取情報があります。
完了!ご協力ありがとうございました!
フウセンキンメ
キンメダイ目キンメダイ科キンメダイ属
・船長さん達はヒラキンメと呼んでいる。キンメダイと状によく似ているが体高が高く後ろの鼻腔が楕円形なのがポイント。
・この個体は城ヶ島沖250mぐらい、中深場釣りで採取。
ゴイシウマヅラハギ
フグ目カワハギ科ゴイシウマヅラハギ属
・ウマヅラハギの仲間です。アミメウマヅラハギは顔にスジがあるしカクカクした模様ですが、ゴイシウマヅラハギは写真のように丸い感じです。
・この個体は沖の瀬100mぐらい、カイワリ・アマダイの外道でかんこさんが採取。

ゴイシウマヅラハギ参考リンク
・参考リンクWEB魚図鑑
アミメウマヅラハギ参考リンク
・参考リン魚類データベース
・参考リンクWEB魚図鑑
ウナギ
ウナギ目ウナギ科ウナギ属
・海で採取された物のみ
・頭だけでもOK
オオクチイシナギ
スズキ目イシナギ科イシナギ属
・こちらの写真の物は2月に初島沖水深120mからやっちんがルアーで釣りました。東京湾・相模湾でも中深場五目やイカの泳がせ等で釣れているようです。
ニギス
ニギス目ニギス科ニギス属
・釣り物で状態の良い物を募集しています。
・こちらの写真の物は3月に初島沖水深120mからNさんがオキアミで釣りました。
・ウロコが剥がれやすいので釣り上げたらビニールなどに入れてすぐ氷水で締めてください。
オニハゼ
スズキ目ハゼ科オニハゼ属
・こちらの写真は安良里港のボート釣りで釣った物です。

アカエソ
ヒメ目エソ科アカエソ属
・釣り物で状態の良い物を10個体ほど募集しています。
・相模湾から伊豆半島東部で採集された個体を募集してます。

写真提供:小西英人様 by釣り曜日
マダラハナダイ
スズキ目ハタ科バラハナダイ属

写真提供:小西英人様 by釣り曜日
完了!ご協力ありがとうございました!
ツルグエ
スズキ目ハタ科ハナスズキ属
・参考リンク 魚類データベース
・参考リンク 魚類データベース
ハタタテハナダイ
スズキ目ハタ科バラハナダイ属
画像がありません。
完了!ご協力ありがとうございました!



参考リンクさせていただいています。トップはこちらから。
WEB魚図鑑      魚類写真資料データベース


Copyright (C)八王子釣りし隊 2004 All rights reserved
画像の無断転載は禁止です。画像を使用したい場合はご連絡を
参考にさせていただいているサイト・書籍