自宅に巣作りしたムクドリ夫妻の雛が、壁の隙間に転落!?
雛の救助と保護、そして親鳥に続けて世話をして貰えるようにとった作戦。
すっかり巻き込まれてしまったムクドリ子育て日記です。

■プロローグ
■2010/5/22ムク雛救出大作戦その1
■2010/5/23ムク雛救出大作戦その2
■2010/5/24親鳥おびき寄せ大作戦
■2010/5/25カラス対策大作戦
■2010/5/26親鳥おびき寄せ大作戦最終形
■2010/5/27巣立ち大作戦その1
■2010/5/28巣立ち大作戦その2
■2010/5/30その後
■データ集


5/27巣立ち大作戦その1   
あっさりと無ちゃんが巣立ってしまいました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この日も朝4時半に親鳥のげーげー窓開けろコールで1日が始まりました。
相変わらず母鳥は入ってこないものの、父鳥はまめまめしく餌を運んできては、雛に食べさせ、糞を
するのを待って、雛がした糞をくわえて外に運び出しています。

3羽もいると、さすがにすべての糞は持ち出せませんが、これが母鳥と2羽でなら、かなりの数の糞を
巣外に持ち出しているんだろうなぁと思います。きれい好きなんですね。


そして、昨日から急に羽ばたきが多くなって、今日も朝から黒ちゃんと一緒にクーラーの縁に止まったり、
壁との隙間に落ちたりしていた無ちゃん。

お昼過ぎにまたバタバタしていたので隙間に落ちないかとモニターで観察していたところ、クーラーの
縁から網戸にへばりついたと思ったら、出入り口まで行き、ほんの数秒ためらっただけであっさり
巣立っていきました。




・・・・・早っ(笑)




慌てて外に出てみましたが飛び出した無ちゃんの姿は見つかりません。親鳥もあわてて追いかけていった
ようで普段は電線に陣取って、人が見えるとげーげー怒っていた母鳥の姿も見えません。
しかし一体どこにどう飛んだのかって感じです。思ったより長距離滑空できるようです。

14時15分の事でした。
通常、巣立ちとは親鳥が餌持ってほーれほれと誘い出すように巣立つものかと思っていましたが・・・
無ちゃんはクーラーに登ったことを親に怒られ、親が出で行くときに静かに隠れてなさいっと怒られて
いるのに・・・勝手に飛び出していった感じです。

朝の写真が最後の集合写真になりました。 
(黒いのはフィルムヒーターです。)


ちなみに、無ちゃんが巣だったことで父鳥は巣立たせる方針に切り替えたらしく、
この後一度も給餌に来ませんでした。
窓の外で呼ぶだけです。

残された2羽はひもじくてしょうがありません。1羽が必死に親を呼びながらクーラーボックスの縁に
登ったものの・・・無ちゃんのように飛び出す勇気がなかったようで、またクーラーボックスに戻って
しまって本日は終了でした。


↓2羽になっちゃった。赤と黒。 



明日には残った2羽も巣立つかもしれません。

そしてさすがに長時間空腹のままはかわいそーかなーと寝る前にちょっとだけ食べさせてから寝かせました。
(既に口を開けないので上の嘴引っかけてつっこんだんですけどね。まぁ、巣立つ前に出来るだけお高い
ブドウムシぐらいは残さず食べていっていただきたいかなとという貧相な思いもちょっとあったりして。) 





もういつお別れするかわからないのでちょっとだけ撮影会です。


↓赤ちゃん。へっぴり腰ですがとりあえず止まれるし、夜に飛び降りるように初飛びしました。 




↓黒ちゃん。とっても怖いようでドン引きしてます。怒ってます。 



↓最後かもしれないので黒ちゃん背中から。 



↓黒ちゃんお顔のアップ。 



↓風切り羽根の比較。こんなに伸びました。 



親鳥給餌時間4時30分〜14時。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■体重記録
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日付          赤        黒       
5/27.19時       56g       63g        


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■雛の撮影や体重記録について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
雛の世話は、野生に戻すことを考えているため、出来るだけ人に慣らさないように、そして雛に負担が
掛からないように短時間で行っています。
朝、巣材を交換し、昼は親鳥に任せ、夜親鳥が来なくなってから、巣材の交換と雛への追加給餌と体重
測定と撮影をしていましたが、体重測定+給餌+撮影で5分以内に終わらせています。
巣材交換を含めても10分程度です。
そして、それ以外では雛に声を掛けることもしませんし、雛からは人間が見えないようにしていました。
雛はかわいいですが、野鳥は飼鳥ではありません。
うちでは親鳥の引き込みを成功したと言うこともありますが、野生に戻すために必要以上の接触を
しないようにしていました。



→続きます。



Copyright (C)八王子鳥見隊 2004 All rights reserved
いないと思うけど・・・画像の無断転載は禁止です。